株式会社 政洋

多目的ラベル・RFIDラベル

RFIDラベル

RFIDラベル / ハンディターミナル

RFID / HANDY TARMINAL

RFIDとは、「タグ」と「読取り装置」間で電磁波によって情報を読み取ったり、書き換えたりするシステムです。Radio Frequency Identificationの略称で、日本語では「近距離無線通信を用いた自動認識技術」と訳されます。商品や食品などに電子情報(名称・価格・製造年月日など)を入力した「RFタグ」を貼り付け、専用の読み込み装置「ハンディターミナル」で読み込みます。ハンディターミナルをRFタグの方にかざし、スイッチを押すだけで読取り(スキャン)は終了します。政洋では、RFIDの取り扱い実績が多数あります。

RFIDのメリット

  • データ容量が大きく、データの書き換えが可能
  • 非接触で通信を行うため、汚れに強くRFIDタグ自体が表面に出ている必要がない
  • 複数読取りが可能
  • さまざまな形状に加工可能
  • 選択する周波数によっては指向性が広く認識範囲が広い

RFIDのデメリット

  • 金属や水、ノイズの影響を受けやすい(金属対応タグもあります)
  • バーコードと比べ、価格が高い
  • ICチップ自体への圧力に弱く、破損の可能性がある

物流におけるRFIDの活用

RFIDは非接触で複数タグの読み書きが可能という利点から、物流でも活用されています。RFIDを導入することで入出庫時の検品や棚卸を一括処理できるようになり、作業効率が大幅に改善します。パレットや商品ケースごとに貼られていたICタグを、1つ1つの商品に貼ることで、倉庫~物流~店舗という過程のどこに商品があり、どの棚に陳列され、レジに持って行かれたのかという店舗内の動線まで追跡できるようになります。店舗で行う棚卸も、商品を1つずつ数える必要はなく、一気に片づけることができます。

バーコードとRFIDの違い

RFIDの4つの特徴

4 FEATURES OF RFID

RFIDは、もともと流通業界でバーコードに代わる商品識別・管理技術として実用化が進められてきた経緯があります。従来のバーコードは、人が読取り機にかざさないと認識されませんでしたが、RFIDタグはアンテナのあるゲートなどを通過させるだけで自動的に情報が読み取れる利点があります。代表的な特徴は以下4つです。

  • 読取り範囲が広い

    読取り範囲が広い

    リーダーにかざさなくても良いので、読取りが自動化できる

  • 一度に複数読取りが可能

    一度に複数読取りが可能

    重なってても、平行でなくても良いので、スピーディーに読み取れる

  • 隠れた位置でも読める

    隠れた位置でも読める

    梱包したまま中身の確認ができたり、不正な持ち出しなどのセキュリティチェックにも有効

  • 書き込みができる

    書き込みができる

    流通や加工の工程を記録することができるため、トレーサビリティが実現できる

RFIDで出来ること

物流コストの削減
  • 製品品質向上

    トレーサビリティ強化
    検査履歴の把握

  • 作業品質向上

    人為的ミスの防止
    作業平準化の推進

  • 歩留り向上

    不良要因の解析
    パーティクル排除

  • リードタイム短縮

    段取り換えの自動化
    ライン平準化の実現

  • 作業改善

    勤怠管理
    工程管理

  • コストダウン

    ロスコストの低減
    自動化

  • 在庫削減

    ライン稼働状況把握
    製品・部品所在管理

  • 設備管理徹底

    設備個別管理
    消耗品寿命管理

  • 投資低減

    柔軟なライン設計
    上位系負荷の軽減

  • ライン数削減

    混流生産対応
    変種変量生産対応

多目的ラベル

MULTIPURPOSE LABEL

工場などで使用されるサインや、耐熱・耐候・耐薬品等の特殊ラベルまで、当社の納品実績を基に、最適な物をご提案させていただきます。

  • 薬品用ラベル

    薬品用ラベル

  • 耐熱ラベル

    耐熱ラベル

  • 工場サイン

    工場サイン

  • その他ラベル

    その他ラベル

  • ※掲載している製品は一例です。